反感と抵抗

何者かじゃない、己であれ。

モテのために読書するな

ずううっとため込んでいたことを今日は吐く日なので失礼します。

バカのふりも賢いふりもやめろ。

むっかしまだガラゲーのころの話だがメルマガ登録をしていた。色々読んだ。ぶっちゃけ恋人ほしいくらいの勢いも持ってたし出会い系ものぞいたことある。そんなかでコミュ障改善の「会話術」みたいの参考にしたいと思ってメルマガ経由の空メールで来る情報読んだりしてたのだけど「ファイッ?」と奇声発したことがあったんだけど不細工(女)がモテるためには読書して知的になれとのご教授だった。死に物狂いで生きる模索で苦しい真っ最中に言葉が出なかった。女は馬鹿でいいとかそれは絶対違うと思うがモテのために読書をするとかどんだけ幸せなんだ、今で言ったらリア充っていうか... 不細工でも幸せな人がすることだよと正直思ったんだよ。

でもそうなのかな、これは不細工を鼓舞するための応援なのかな、そう思ったけどそれ以来そのメルマガ解除した。バカらしくてやってられっかよ...!!!

まあたぶん今の時代だったらむしろ「それの何が悪い?」って人もいるかもしれないが。

バカのふりも賢いふりもやめりゃいいのに何かのふりして好かれて満足か。ああ~ でもそれってホントに知的な人になるわけだから「ふり」じゃないか。墓穴掘った。

 

まあ、よくわからない。それ以来「モテ」は捨てました。

女だけのことではないけどもねー

非モテ同盟の人たちも仲間内で楽しくやればいいのにと思うことある。あの人たちは仲間がいるよなって羨ましい。

 

関係ないんだけどこの前行ってきたとある自助グループもう行かないと思う。なんか働いてないとダメなような、そういう雰囲気で資本主義がどうとか「みんな働かなくなっちゃうから」とか働かない人を嘲笑するような言葉を地元のある機関の役職にある立場の人がどや顔(に私には見える)で言うしその人のこと役職名で呼ばなきゃいけない圧力がある(ように私には感じる)から。

 

言ったらスッキリした。

 

あっはっは。