ひきこもり反骨の歌

20年ほどヤケになりひきこもりました。今は少し外に出ていますがヤケクソ芸としての心のひきこもりはやめることができないようです。人生のパズルは完成するのでしょうかΣ(・□・;)

考えない病人
愚痴以上 日記未満
フリー写真素材ぱくたそ

Amazon 欲しいものリスト

派遣会社へ登録してきた感想

履歴書ガン見コピーされ、書かれている前職全部について退職理由を逐一聞かれる、その時の時給、月給まで聞かれて紙に記入される。健康状態、視力チェック、色盲テスト、握力を計られる、自分が選別されてる感じ超怖い! 

そのうえで希望の時間を書いたてたけど、その時間帯は難しい、その希望日は難しい言われ、いわゆるフルタイム日勤提示される。日勤だけならできなくないかと思ったけど話が進むと夜勤もできませんかとなった。しかも残業込前提で12時間勤務。さすがにこっちも「それは難しいです、残業前提で(12時間て...)では時々ありますぐらいならいいですけど」とおずおず超嫌そうな顔で言ったら違う工場の案件をいただきました。そこは大嫌いな実家の近くでそれは派遣会社の人には関係ないんだけれど時間も選べる機関も短期間でオッケーとはっきり求人に書いてありながら、ほぼ選べないってどうなんだ... しかも紹介してもらえるのはそこ2つだけ。すみません、お断りしてきました。いわゆる商品券的なものはいただきました。自転車で派遣会社までぶっ飛ばしていってたんで交通費ゼロなんで交通費関係ないし交通費引いたとしても得したなくらいは思うが、こんなウソ求人で人集まるんですか、と... そんで商品券出してたら会社が損なんじゃないの? 断って帰る人だっているだろうに? ただどっちかっていうと私は体痛い系でこればっかりはどうしようもない、それなりに体動くっていう人は働いてみたりするんだろうか。体痛いしこの前8時間倉庫内作業したらくたくたになって体痛い!(しつこいな)ってなったから、普通の日勤フルタイム(残業込12時間とかはあんまりすぎる)じゃなくて体痛くない日に単発バイトがいいのかも。

その日帰ったら前に登録していた単発バイトの会社から電話かかってきて「明日○○市(隣の市)行ってもらえませんか?」って言われて交通費ないから断っちゃったけど、せめて一日やり通したら日給もらえるならそれでもいいのかなって思えた。そのあとなんでだか前いた仕事場の先輩から電話かかってきて「どうしてる、今の仕事は続いてる?」っいう話になって「続いてます...(大嘘)」って答えときました。その日は不思議な日で派遣会社から帰る途中「ああっ‼‼?」って声かけられて自転車急停止したらそれも前いた仕事場の人で「ええっ‼?」ってなってちょっとしゃべって別れたけど変な日だった。

 

今日前いたアルバイトとこに給料取りに行って電気代とガス代払ってホッとした。

ぎりぎりの生活が苦しいけど行き詰ると派遣会社転々とする人の気持ちも他人ごとではないなと思う。それが全国回りたいとか違う土地行ってみたいとか余裕のある人ならいいだろうけど(別にそれは否定しないし旅が好き!みたいなのはどっちかというと気持ち的には私も寄せていける感覚ある笑)落ち着きたい人だっているんじゃないかな。どこでも紹介します!ってべたべた張り紙してあったけど、どうなんだろうか?? あと工場は街中にはない。交通の便が悪い。田舎だと結構きつい。元から工場付近に住んでいるか車でないとというのが難点かなと思いました。

 

よくわかんないけど薬局の商品補充スタッフとか応募してみますよ。