ボンクラ✴︎ポンコツメンヘラ反骨の歌

ひきこもり出たり入ったり20年。ヤケクソ芸としてのひきこもりがやめられません。出来あがらないパズルのような人生。どう運転したらいいだろう?

考えない病人
愚痴以上 日記未満
フリー写真素材ぱくたそ

Amazon 欲しいものリスト

恥ずかしい話

私はロクにコミュニケーションがとれなかったため20代で清掃の仕事を1ヶ月で辞めたことと同じく別の場所で清掃の仕事を1ヶ月でクビになったことがあります。その後も清掃をクビになっています(実質喧嘩して辞めた)。

つまり... 何も勤まらないんですよね。障害者施設A型事業所に行っていた時知り合った女性はA型を辞めて清掃の仕事をしています。

清掃に対する差別心というか差別心というより親がどう思うかにこだわってしまっていた面がありました。ただ私は20代で清掃をやろうとしてるんですよ。それが勤まらなかった。3回も。どうしたらいいのでしょうか。

 

場所と人が悪かった、他人のせいにするのは違うかもだし私も変に我が強かったりで(対人恐怖なのに)もうやれる職種がないと思ってしまいます。

 

恥さらしなことを告白してみましたが生活保護はやはり抜けたいです。

何とかしたいです。

あとやはりふらふらして遊び歩きたいので生活保護は抜けないと生活保護では自由に遊べないのです。自由にお金は使っていいけれど実際問題自由人ではないですよ?

やはりお金はもうちょっと必要です。遊ぶとか言ったら印象悪いですが本物の自由人になりたいんです。

 

私ももう恋愛も結婚も友だちも諦めてるので生きるに値しない気もするんですけどやっぱり死ぬのは違うかなと思うんです。

ゆっくりした交流みたいなのはブログとかSNSでいいし、でも実生活で友だちとか胡散臭いような気がします。どうしようもなく精神が汚れてますよね。

 

職業の話に戻ると清掃が勤まらなかった過去があって、これからチャレンジする気が失せるんです。また同じようにクビになるんじゃないか、喧嘩してしまうんじゃないかと。40歳超えてから何個か仕事したけどダメだった(清掃ではないですが)。

仕事が向かないのだろうか。

 

清らかに悩みを書いてみました。

嘘偽りない正直な気持ちです。