ポンヘラの歌

ポンコツメンヘラ歴25年ほどの出たり入ったり20年の元ひきこもりです。

人間放棄✿人生獲得
休憩逃走中
フリー写真素材ぱくたそ

Amazon 欲しいものリスト

教会が混んでいました

時間ギリギリに着いたからとはいえ、だいぶ席が埋まっていて、いつの間にこんなに人が増えたんだ?と思いながら賛美歌を歌ってました。

讃美歌にめちゃくちゃ身を委ねられる綺麗な曲があってうっとりしながら(腹減った、マジで腹減ったわ)と念仏のように心ん中で唱えていました。人が多くて前の人の頭で讃美歌の歌詞が見えない。白板に映ってるのが見えないよ、頭で!と体をゆらゆらしながら突っ込んでいた。

 

私が今行ってるとこだけかもしれないけど凄い親しみやすい話を例えにして話してくれる。違う教会にも自ら行ったことはあるけど教義の話ばかりだと眠くなるし人によるだろうけど初心者にはわかりやすい話から入るのがいいと思う。

 

今日の私は1曲ばかり部屋でリピートしながら音楽を聴いていて、もう耳タコでウンザリだと教会へ行く途中ではイヤホンで聴いたりしなかったのに帰ってきたらまた聴いてしまってる。

 

久しぶりに教会に行って人が多くて緊張で人の目が気になって倒れそうになった。終わってから「あら、こんばんはー」と声をかけてくれたご婦人に「こんばんは...(ああぁ......)」と微妙な余韻を残してピューッと逃げるように帰ってきた。

 

gendai.ismedia.jp

 

日本のキリスト教徒は大変だなと思う。私も学びに行っているだけで、キリスト教徒ではない。

キリスト教はオシャレみたいな感じを私は持ったことがない。宗教周辺てキリスト教に限らず泥臭い悲しみのようなものが漂っていて根っから明るい人って宗教により着いたりしないだろうと思う。どこか何か抱えてる人が救いを求めるわけだから。だから今日も涙声で話してる人もいて、キリスト教=オシャレなんて嘘だろう。何をもってオシャレと認定できるのかわからない。ファッションがだとしたら人によると思う。綺麗なカッコをしてる人はもちろんいる。

 

私は涙声で話していたらしまいには泣いてしまうと思うので涙声さえ出したくないからなるべく話したくない。泣きたきゃ泣けばいいのだけど抵抗がある今の自分を責めることなく宙ぶらりんな形でも迷いながらでも行かないよりは行った方が私には気づきもあるから行きたいだけ。でも帰り道1人で感極まってこらえきれないことはよくあった。

宗教の話は昔から抵抗があるけど、もっと自分をはっきりさせたい、どういう人間なのか。

パティ・スミスの曲だったか聴いたのがだいぶ昔なので忘れたが「何者かになるために」云々という歌詞があってよくわからなかった。歌詞カードに書いてあった。その時は何者かってお前はお前じゃないのかみたいな気持ちになった。自分自身である以上の何かって何だ?

(歌詞の一部だけ切り取ってるからそういう意味じゃないのかもしれないけど) 

自分の正体が何かわからないから殻を破りたい、出たいとは私は思ってるけど、それは「何者か」って意味じゃない。でもそれはパティ・スミスのいう何者かになるってことなのかなあ、わからない。

youtu.be

ジーザスつながりで貼りたい。いつかちゃんと聴きたいと思ってるが「何者か」云々て何の曲なんだろう?

検索してみたけどわからなかったです。

 

明日は晴れるみたいなのでまた自転車漕ごうかなと思います☀︎