ひきこもり反骨の歌

20年ほどヤケになりひきこもりました。今は少し外に出ていますがヤケクソ芸としての心のひきこもりはやめることができないようです。人生のパズルは完成するのでしょうかΣ(・□・;)

考えない病人
愚痴以上 日記未満
フリー写真素材ぱくたそ

Amazon 欲しいものリスト

居場所がなかった、今もない

youtu.be

浜崎あゆみの全盛期には興味がそんなになかったけど、この曲はインパクトあった。

居場所がなかった、見つからなかった...

興味がなかったので浜崎あゆみを叩く側にも回らなかった。興味がないというより見たくなかったのだと思う。視界に入れたくなかった。苦労してきた浜崎あゆみからしたら私なんかゴミだろうなと思った。なんだかんだ美人なのに嫉妬もあっただろう。

 

私はまだ居場所がない。見つからない。部屋の中でもがいている。

 

今日、目が覚めて起きようとしたら背筋から腰が痛くて布団から起き上がるのに時間がかかった。今日が支払い期限日の振り込まなきゃならないものがあったから歩いてコンビニまで行って無事払ってはきたけど腰痛がひどくて歩くのがつらかった。

寝すぎなのかな。運動してないしこのまま歩けなくなったらどうしようかと思う。体が鈍りすぎ。

 

今日もとにかく暑かった。コンビニに行ったのはもう19時過ぎだったんだけど汗でジトーってしてきてキツかった。お腹が減って死にそうと思いながら帰ってきてからご飯をもぞもぞ食べた。汗だくだ。クーラーは夜になってから切ってるけどやはり暑い。

 

今日が休日だってこと気づかなかった。海の日... 暑すぎた。

 

明日、市役所に書類を送るために郵便ポストまで歩かなければならない。暑くなければいいんだけど、いや暑いのはもうわかってるし。

 

腰が痛いこと以外は気分の上がり下がりも変わらずあって明日は図書館にどうしても本を取りに行きたいし腰痛が治ってほしい。何か年寄りくさいけどいつまでも体も元気なままではいられないんだな、厳しい。

 

ライチのジュースを1L80円程で買ったので飲んでから寝る。ずっとこもってて甘いものを飲んでなかったから久し振りに甘いもの飲みたかった。

 

居場所は今のところブログかな。何かやろうとしても気持ちが弱いというかすぐへたってしまうのでもう少し休みたい気がする。ずっと休みたい。

 

寄りかかるのは椅子の背もたれだけと言った詩人、茨木のり子さんがいたが私には背もたれもない。倒れるのは布団だけというのもカッコ悪い。

 

せめて背もたれが欲しい。

 

 

倚りかからず (ちくま文庫)

倚りかからず (ちくま文庫)

 

 

 

 

 

 

 

 

暑いΣ(・□・;) 電気代が心配!

あまりに暑いので3日ほど前からクーラーを長時間つけている。寝ている時でさえ暑いのでいつ切ったらいいのかわからない。暑さの中歩くのが嫌で図書館にさえ行けない。

ネットで調べてみたけどクーラーって電気代1時間、約30円くらいらしいが本当かな。一日中つけてたらかなりのお金、それを1ヶ月計算すると... たいそうな金額になりそう。

ガス代はとにかく節約に努めてるのだけど、電気代はなかなか。それでも先月は節約の甲斐がありガッツポーズする程度には抑えられて満足していたんだけど今月はちょっと多くかかりそう。

 

やっぱり、ここは図書館しかないんだけど歩いたら行くまでに汗だくになりそう。そろそろパンクした自転車を直したいけど自転車屋さんまで自転車引きながら歩くのもつらそうで。

 

でも部屋にこもっているのも慣れてきてスマホさえあればネットから音楽、読書まで何でも出来て悪魔の箱じゃないか、これは。さすが長年のひきこもり体質はちょっとじゃ消えないな(威張れない)。

 

過去の日記まで戻っての訂正はめんどくさいのでやってないけど「〜です〜ます」と「〜だ」文が混じった文章になっていて読みにくいことに今更気付く。ブログ始めたのが一年以上前だから何か戻りにくい。そんな性格がめんどくさい。

 

起きた瞬間が苦しいとは前にも書いたことがあるけど爽やかに目覚めることはない。前向きな言葉をつぶやいて、えいやっと起きたらいいと思うけどなかなか出来ない。結局どこが境界線なのかわからないうやむやな起床になってしまい何時間寝てたのかもよくわからない。

 

ここ3日ほどまじで外に出てない。買い物にも行かず部屋でご飯を炊きお茶を沸かして生き延びている。

今日も暑いが払わなければならないお金もあるし、そろそろ外に出たい。体がなまってきているし。

どうも部屋の中に飛ぶ虫がいる、飛ぶやつが... と思ってなかなか捕まえられなかったんだけど今日やっと捕まえて死んでもらってしまった。残酷。

それでダラダラした生活に区切りをつけないとと思った。

 

あと前回のブログで目立ちたくないと書いたけど書く以上は知ってもらいたいかなとは思っている。微力ながらも発信して自分の居場所を見つけたい。ブログという場所で見つかればいいなと思う。

 

とにかく電気代のことで頭がいっぱいヒヤヒヤしながら書いている。

 

おしまい。

 

メンヘラ間にも格差がある

あるブログで生活保護の不正受給について言及していて(ブログ主も精神疾患持ちだそう)気になる言葉があり書こうと思いました。

 

かなり昔の記事でその記事自体プチ炎上?したみたいなのであえて記事自体には言及しません。

私は地味にブログをやりたくて、注目されたくないと言うのもあります。仲間が欲しいという目的はありますが人の目にさらされるだけの勇気はない臆病者です。

 

気になったのは(詳細は伏せますが)「なんで介護でもコンビニの夜勤でもやって自立しないんだ」という言葉でした。

コンビニの夜勤はやったことないですが私の職歴の最後は介護です。

介護はキツいですよ。人の糞尿を始末する仕事でもあります。体も痛めます、腰も痛めます。パワハラもありました。柄の悪い人も多いです。いい人に助けられたこともありますがそれはどこだってそうだと思う。

そのブログの人は精神疾患はあっても自立し高給取りのようです。

メンヘラ間の格差を感じます。

結局、私は介護で決定的にダメになって生活保護を受けることになりました。

 

私は親への恨みも世間への恨みも差し障りのない程度にはブログに書いています。何でもは書かないし書きたくないことだってあります。

 

そのブログ主は精神疾患を公表していてもブログ自体はメンヘラブログではないしメンヘラ的苦悩が主体のブログじゃない。本人に苦悩があったって辛いから書かないだけかもしれないしれません。

 

私も言われたことがあります。あなたの家はお金持ちだから。あなたの家はいいね。そう見えたとしても違うのだけど、言った人が自分はお金がないと思って嫌味を言ってしまうならしょうがないように思い私は黙りました。でも家の中では金がないことばかり聞かされて、金持ちはいいよなと私だって思っていました。だからそのブログの人がお金があるからって幸せとは限らないし世の中にはお金はあるけど虚しくて病む人もいる。

お金の有無は幸せとは関係がない。

 

話は戻って介護で徹底的にダメになるともう後がないと思ってしまう。介護でも何でもいいから仕事を選ぶな、結局その人はそう言いたいみたい。そうだよ、雇う方だって介護は人を選ばないよ。私は書類を送ったりするようなとこに応募したこともない。面接だけで合否が決まる、誰でもいいからきてくれみたいなとこしか行ったたことはない。でも誰でもいいから来いというようなとこはメンヘラにとっては危ないと思う。

 

メンヘラにも上流と底辺があるということがよくわかった。

ちなみに私の親の職業については書けないが貧乏ではなかった。家は一軒家だったし自分の部屋もありました。

 

メンヘラも金次第なんだなって。金稼ぐことに長けてる精神疾患持ちもいる。そしてお金があれば少しは楽になれることもある。お腹が空いてどうにもなくて食べるものに困ってる状態でも、お腹が満たされればもう少し頑張れる気になることもある、それでもダメな場合もあるだろうけど。

 

生活保護は不正をしたくなる制度のようにも思います。その程度の制度でしかない。ケースワーカーだって何もかも把握できるわけじゃないし抜け道を探したくなる。それは生活保護受給してるからわかるよ。言わなければわからないだろうなとかだったら、言わないかもしれないし。ズルしたくなる。

 

この前いただいたギフト券についても役所に報告に行ってきます。そして早く生活保護を抜けたい。その後どうなるかわからないけど生活保護受給者に向かって「選ばなければ仕事はある」などという言葉を吐くようにはなりたくない。事実選ばずにやってる人の方が多い。障害者施設で最低賃金+生活保護の人だっている。

 

それとさ、やっぱりメンヘラで仕事ができない身としては頭の成り立ちを考えてしまうことがある。ひきずり系メンヘラなんですよ。いつまでも過去をひきずる。仕事中に悲しかったことにずっと支配されていたら? メンヘラ脳はなかなか改善されないのですよね。過去は過去とスパッと切り替えられない。家庭環境がいいメンヘラに私はあったことはないけどサバっとしてるなあと思う人はいる。メンヘラ内差別もある。作業所で自分の方が仕事ができるかのような態度をとる人とかもいる。自分もその辺「あの人作業遅いな」などと思ったこともあるし、そんな自分は張り倒さなきゃならないけども。

人間同士だから自分の方ができると思うこともあるかもしれないし出来るからこそ出来ない人の気持ちがわからず「仕事選ぶな」とかなってしまうのかもしれないけど、選ばなかったところで生活保護と同じくらいしか給料がなければ「働かない方がマシ」になってしまう。

 

メンヘラ間格差について話したかっただけだけどまとまらない。

 

このまま公開しちゃえ。

しょうがない。

 

 

忘れられるものならば...(記憶を消す)

1つ、私が鬱になる原因として大昔のことを今でも覚えてる執念深さだと思う。

 

人からの言葉ややられたことのみならず自分の言葉ややったこと。忘れられない。ここから解放されないと自由になれないように思う。

嫌味でなくなんでそんな小さなことをいつまでも悩み続けるんだと(大きな出来事もないじゃないが)ここから解放されたい。カウンセリングでも行ったほうがいいのだろうか。

 

実は生活保護受給者の自殺率について考えている。Twitterで少し目にしたので気になっている、前々から生活保護受給者の自殺率は高いと聞いている。そうだろうなと思う。話が話だから迂闊にそのツイートを引用するのはやめたいんだけど、絶望が人を殺すとその人は書いていた。その通りだよ。

 

生活保護は権利だから受けてることに私は何ら抵抗はない。ないと言い切るのは良くないのかな。私の場合は生活保護になって余計に苦しくなった。

それは後ろ髪引かれながら親と縁を切ったからで、怒られるかもしれないけど(誰に...)生活保護受給前は親がある程度は援助していてくれた。甘えてると思われるかもしれないが事実甘えていた。生活保護受給しだしてからも親は時々お金を渡してくれたりお米をくれたりしている。市役所にはちゃんと言って収入認定してもらっている。はっきり言ってあやふやで決別のつかない関係。

私は親を恨んでるし許す気もないしはっきり言って、はした金すぎる金額を置いていかれてもという気持ちだけど、はした金でしか許しを乞えない親が不憫な気がしてる。

 

私も計画性無くお金を使ってしまい次の支給日までどーすんだとなり最近は緻密に計算して節約してるが、ひもじい。そして孤独。

今日どうしても行かなきゃと思い図書館に行って予約の本を取ってきたけどだるかった。倦怠感しかない。何もできなくなってきた。

絶望という殺人犯が私にも手をかける。

 

スティグマという問題は確かにある。でも私は元から障害者年金をもらっているから国のお金だからという恥の気持ちは私にはあまりない。

要するに解決できない問題を抱えすぎ問題。

 

これは性質なんだとある程度開き直ってきてはいる。同じような生育歴を持っていても同じようになるとは限らない。私が掃除が苦手なのはめんどくさいからだるいから。弟はこまめでテキパキやれていた。それとも私が発達障害なのかな。発達障害かもしれなくてもここまで大人になったら取り返せないものが多すぎる。

 

嫌だったこと恥ずかしい記憶全部忘れたい。入院中に電気ショックを受けた人がいた。ライトに電気療法と呼んでいた気がする。昔々の電気ショックは危険すぎるものだったらしいけどその頃は(20年ほど前)軽い感覚でバチっとやると嫌な記憶を薄められると聞いて私もやったらどうかと思いつめ主治医に聞いてみた。

主治医はライトに「できますよ。何日かボーっとなる感じの後、意識はっきりしてきます。嫌な記憶は薄れます」というようなことを言った。

その電気ショックを受けた子はボーっとしていた期間がやはりあって、ぽわーんと言った感じだった。だんだん意識は戻ってきていて私も「どんな感じなの?」と聞いたりして物珍しいものを見るような感じで見てしまっていて悪かったなと思う。

 

記憶を消していいものだろうか。

それは自分なのだろうか。

主治医は軽く「できます」と言ったけど結局私はやらなかった。やれなかった。やってもらっていたら今ごろ少しはマシな人生を送っていただろうか。今からでもやったらいいのだろうか。今の電気ショック事情は知らないしそもそも電気ショックとは呼んでないかもしれない、もうやってないのかもしれない。

記憶を消して再出発できます、みたいなことを主治医は言った。

でもそれは私なのか?

私自身はどこにいくんだ。

それは本当に私なんだろうか。

 

 

youtu.be

 

 

ボンクラ少女、ボンクラ女子、ボンクラ女

「ボンクラ少女」から「ボンクラ女子」になり「ボンクラ女」に繰り上がってきたが「ボンクラ女子」だった頃暇だった。何もすることはなかった。誰とも交わらず友だちもいない苦悩だけが頭を渦巻いていた。私はその頃苦悩を吹っ飛ばすために軽めの本を読んだりした。赤川次郎とか氷室冴子阿刀田高など。難しい本は今でも苦手だけど、暇だからこれからは発狂死したというニーチェとかを読んで暇を潰してみたい。

 

ボンクラ女子は熱中できることが欲しかったので20代の頃はナンプレとジグゾーパズルばかりしていた。それがボンクラの考える身近な娯楽だった。家(実家)にパソコンが来てからはパソコンばかりするようになった。夜中にするチャットはどこかの誰かと繋がっている不思議な体験だったがそれも慣れてしまいネット中毒になった。

 

気分が荒れ親と喧嘩し大量に薬を飲んで死のうとして死にきれず何故か右足に後遺症を残した。

誰もいないところで死にたいと精神病院から売店に行く日を狙いカミソリを買ってそのまま病院を抜け出し近所のラブホテルで手首を切ったが発見され手首を縫われて終わった。

それ以来、大きな自殺未遂はしていない。

ボンクラがボンクラであるために、ポンコツポンコツであるために逃れられないことがあるなら諦めるしかない。入退院を繰り返しながら計20年ドタバタやっていた。

 

かつてのボンクラ女子はもう大人年齢になり余計今までやってきたことに後悔しかない。何故もっと早く立ち直れなかったのか。今だって立ち直ってない、無駄にしてきたように思える時間はもう取り戻せない。これからも生き続けなければいけないのが辛い。終わりにしたい気持ちを押し殺しても滲み出る。

ボンクラ女としてそれでも生きるのか。これから何か希望があるのか。ないように思える。20歳までの虚無の中、それから後約20年暴風雨の中にも何もなかった。この虚しさをなんと言い表せばいい。少しずつ風が収まり働いてみたらとんでもないところで結局生活保護に落ち着いた。抜けれるかどうかはわからない。もう気持ちに力が入らないとしか言いようがない。

 

自分だって何かできたはずだ。失敗は怖いけど何かやって失敗したのなら挑戦者の称号がもらえる。私は何もできなかった。ただ時間を食っただけ。時が過ぎた。何もない。この虚しさをなんとする。

 

結果的にメンヘラなんだがその前にボンクラをこじらせたと言うにつきる。それはもう修正しようがない。

人生は1本道、これから歩む道はわからないけど過去には戻れない。やり直しはきかない。ここから新しくやるしかないんだ。過去は変えられない、背負うしかない。未来を変えることもできない。未来も決まってるように思う。悲観的になるのでなく宿命のようなものがあるなら受け入れる。幸せになろうとは思うけどなれなくても受け入れる。

そう思わなければ生きてはいけない。

 

 

youtu.be

 

 

 

潜伏

ここ5日ほどお金を1円も使ってない。家にあるものを食べて長時間寝ている。お腹は空かなくはないけどほぼ横になってるから食べ物があまり必要ない。家計簿みたいなものを緻密につけたら節約しかないという結論。一円単位まで細かく計算した。

やる気が出たり出なかったり今は潜伏しかない。

 

パスタを茹でる時、鍋にお湯を入れてからIHコンロで沸かすべきか水を入れて沸かすのでも構わないのかガス代と電気代の超細かい駆け引きが頭を巡る(お湯を使う時にかかるガス代とIHの電気代を比べる... お湯から沸かしたほうが時間短縮されて電気代かからないだろうというみみっちさ、水からだと沸くのに時間がかかるから)。細かくなってきてわけがわからない。

 

どんどん暗い気分になってきていて5日間ほど部屋からも出てなくて窓は開けたりはしてるけど無菌室かって感じ。今日は晴れていたのに残念。

今が一番底のような気がする。上がれ上がれ、待つんだと言い聞かせている。

 

不思議なもので今はネットで世の中のことがわかり遠くの情報がわかり人の発言が聞ける。ネットのない時代だったら落ち込みすぎて死んでたんじゃないかと思ったりする。

 

要は我慢しないことだろうな。我慢して我慢して爆発するんじゃ周りが大変だから。といっても今のところ人付き合いは全くない。YouTube漁りくらいしか動く物体を見ていない。

 

不覚にも大雨で心配なのは親のことだ。不安で潰れそうだった。この大雨はどうなるのかな。

 

今日は少し行動は起こして不動産屋さんに電話をかけた。市役所に提出する証明書が必要でそれを郵送でお願いしてもいいかと聞く電話だった。うまくいった、いいそうだ。そのあと市役所に電話をかけて不動産屋さんとのことを話し郵送だから証明書の提出はもう少し待ってくださいと伝えてことなきをえた。行動は少しずつ、1つずつ!(ため息)

 

豆腐メンタルとはよくできた言葉だなと思う。これ以上豆腐が崩れないように何も見たくない聞きたくない関わりたくない、どこにも出たくない、本心はそんなだ。そもそももう豆腐の形がボロボロで、ヨレヨレの豆腐がもう持たない気がする。

豆腐がクズになるまでは頑張ると思う。豆腐の形がなくなったらそれまでだ。

 

 

お酒と涙

夜中にお酒を飲んだ。劣等感を刺激する言動をとあるSNSで見かけて怒ってしまい虚しくなり度数強目のストックしてあったお酒に手をつけた。

元からお酒は得意じゃないと感じてたがたまには飲む。今日飲んだお酒は甘くて美味しいとさえ思う。果実酒というやつだ。単に苦いのが苦手なのだ、ビールとか。

多分ヤバい、多分泣き上戸みたいなやつだと思う。悲しくなってきた。お酒はタガが外れるのか解放する道具かちょっとわからない。泣いて解放されるならそれでもいいけどなんか苦しい。泣くと苦しいけど苦しさから逃げたくて飲んだのに堂々巡り。

 

楽しくお酒を飲める日がいつか来るといい。