反感と抵抗

何者かじゃない、己であれ。

上がった気持ちが下がっては上がるのくり返し

WANDS上杉昇が今やってるバンドにぶっ倒されました。男の美声に弱い私は例外なく上杉昇の声も好きだったので声は変わってないのに外見が七面鳥のコスプレになった上杉昇を見てかなりの絶句。年齢的に老けたなとかは自然なことだから「どんな風になったかな!」とかの楽しみで良くも悪くも?どうでもいいんだが、でも何か元気そうだった笑

youtu.be

私はビーイングの人たちが嫌いではなかった。

GARNET CROW小松未歩が好きだった。自分には関係ない夢物語は綺麗だなあと思っていた。

youtu.be

ビーイング系の悪口は聞いていた。「こんなの音楽じゃない」と言った評論家もいた。まあそうだよな!と思う。質の悪いお菓子、栄養はない、そうだよなと。

栄養なくても甘いお菓子が食べたい。私はそんな感じだな。体にいい美味しいものを食べれる人は食べたらいいじゃない。

youtu.be

私はジャンクフードが好きなんだ。頭は悪いかもしれないけどね。

 

 

ひきこもりメンヘラは宇宙を目指す✩୭⋆*✦*⋆୭*✩

だいぶ前にDAISOで電子レンジでで炊ける「ご飯一号炊き」っていうの買ってたんですが、ほんとにいつ買ったんだってくらいだいぶ前で今日初めて電子レンジで炊いてみました。できました。ちょっとかたかったけどシーチキンとキムチのせて食べました。まずくはない! つか白ごはんだから普通だった⌒_⌒ 料理じゃねえし。

 

この前書きました教会に行ってきました⛪✞✟

ええっと、納得できませんでした!! 私はキリスト教仏教もそれなりに好きなんです。納得出来ないって言ったってキリストだって迫害されて処刑という末路、ブッダ大往生かもしれないけど生きてるうちは・゚・(。✖д✖。)・゚・とか... だから、今日行ったところの教祖の方も2000年後には伝説になるような方なのかもしれない。ただ私は家族を作ろうとか少なくとも宗教の延長で作りたくない... す、すいません。あくまでも私はってことなんですよね。断りますね🙅🙅 断ります!!

 

宗教と違うかもしれないけれど、本来もっと怪しいものとして心の中であたためてきた「スピリチュアル」というものが最近「私の知ってるのと違う( ˘ •ω• ˘ )」みたいな。大体「魂の成長」とか「魂のレベル上げ」とか何なんだ。そじゃああねんだよ!!

私の思う精神世界は腐りきった下劣な魂がいかに救われるかであってよ、高貴な魂になるためやってんじゃないんだが? 腐ってるものにこそ宗教も(多分)スピリチュアルも必要なんじゃないかんと思う。いかに人より高みに立てるかの競走じゃないんだぜ...

やっぱり宇宙っぽいものに邁進していくみたいな。

宇宙っぽい歌をずっと聴いていたらノイローゼにw


Brave Love Galaxy Express 999

小学生の時、高見沢さんがかっこいいと思ったことは覚えている。なんとなくのヒット曲しか知らなかったけど昔のたくさん見てるうちにYouTubeを延々と見ていた。桜井さんの角刈りお宝動画もあったりで面白い。音楽情報的にはフォークの人として坂崎さんが一番馴染みが深いです♥(ˆ⌣ˆԅ)

宇宙っぽい、北欧メタルってことでいいのかなw 浅い知識で申し訳ありません。

youtu.be

 壮大なのがいいんだが、だんだん笑いが止まらなくなってくる。おかしいのは私なのか。

ちなみに私にとって愛とか夢とか宇宙とかは麻薬であって甘いアメであって一時的に色々逃れる手段かなと思っている。

だから宇宙を目指そうかなっと思ったりしています。

 

 

 

地元の図書館の玄関から始める別ブログ準備中

まだ前の仕事を辞めたことを親御さんには言ってない。言わなくてもいいけど気が重い。

昨日夕方前の前の仕事場で一緒にいた先輩から電話があった。今度の日曜日、近所の教会で歌の発表会があるから一緒に行かないかと誘われた。バイト辞めたこと言ってないし言いたくないから断ろうと思ったけど何だか教会に興味があって「じゃあ、行きます」と言ってしまいました✠ 怪しい感じじゃないといいけど、疑いすぎるのもと思うので行ってみます。ちょっと前に違う人から怪しい行事に誘われて引いて帰ってきたので...

 

一番身近な市立図書館から撮りました。人目が多くて緊張しながら、そそくさと入口だけ撮っただけ。もっと遠目に撮ればよかったとか何枚か撮ればよかったと思ったけど、とにかく1枚!

miffyjhk225around.hatenadiary.jp

 

カーリルという図書館検索サイトで公立だけでも5000以上ある図書館、まずは身近なとこから。

 

calil.jp

 

日本横断してる人って2、3年かかってるみたいだから、長いよね。

 

えへへ。笑ってみた⌒_⌒

おでこ膨張のままに(╹◡╹)

f:id:miffyjhk:20170913170732j:image

デコが膨らんでる感覚がずっと続いていて頭(おでこ)が重い。

f:id:miffyjhk:20170914062745j:image

 お金が尽きて来たので私はおでこで考えていたのかもしれん。

登録制バイト行って、2日! 2日ならイケる‼︎ との開き直りが出来た。週2日とかで何とか‼︎ もう少しはあがきたい。 

 

YouTubeに大分前暇つぶしにあげていたあるアーチストの動画が知らないうちにLikeが50以上ついていた。有名なバンドの曲でYouTubeにアップってどうすんだろ?と試しやってみただけなんだが驚いた。YouTube動画にいいねは私は気軽に押してるし後で繰り返し見たいという目印というのがほとんどだから、私があげた動画にいいねした人もそんな感じなんだと思う。しかも真っ暗動画で説明も一切つけていないからバンドと曲の知名度以外のでもない。でも何かほっこりしちゃって「この歌好きな人がこんなにいるんだ」と嬉しかった(╹◡╹)

反応があるって嬉しいなと思った😃 Dislikeもついてたけどね!

 

しかーし、昨日書いたの後で読んで「私、めちゃくちゃ人の目気にして音楽聴いてたんだな」ということだ。世の中的にとかいう言葉使っちゃってるし、んなもん関係あるか!🙂 知るか!( ◠‿◠ )

流行りものについていけない時期は、そこに劣等感があって流行りものを好きになっても、それが劣等感てどういうことだよ笑

 

一筆書きとかジグゾーパズルのアプリ面白い。

f:id:miffyjhk:20170913180233p:image

 

 

ファンキーモンキーベイビーズに身をゆだねていた頃とアルフィーの話など雑談

黒歴史とまではいかないまでもちょっと隠したいことというのはある。世の中的に「ちょwww」と失笑を食らいそうと思っても堂々と好きを公言できる事とできないことがある。私にとってはファンキーモンキーベイビーズがそれです。なんでだ。19だったら公言できるのだけどファンキーモンキーベイビーズは... 自分のメンヘラキャラ(?)から離れすぎていて熱すぎるのだと思う。松岡修造みたいな暑苦しさに眉を今はしかめる。ただお世話になりましたという感謝の念はある。

なんで好きだったんだろう。歌詞内容とは別で声が好きだったというのもあるかなと思う。

声が好きだ、みたいなのになるとアルフィーの桜井さんにすごい痺れるんだけど歌いっぷりの陶酔感みたいのに惚れていた。特にアルフィーの熱心なファンではないのでほんまもんのファンには怒られるかもだけど。

youtu.be

この笑っちゃう感じスレスレ...

youtu.be

なんかいやらしい親父みたいな。そこがいいような(笑)。

タモリかMr.マリックのよくある日本の親父像...

 

 

あと最近の課題はチャットモンチーを聴いてみたい。すぐにでもYouTubeでいいんだけど時間がかかるな。

 

まあどのみち私は長渕がいい。

youtu.be

加藤諦三を嫌うな

出会い頭事故的な出会いだった。大嫌いだった高校の担任が私が上京するとき駅に現れてプレゼントという押し付けでくれたのが加藤諦三「自分を嫌うな」だった。担任を呼んだのは父親でいいことをしてやったとニヤニヤとドヤ顔だった。「自分を嫌うな」というタイトルは図星だった。図星だから嫌うのだけど担任の意図は知らないが加藤諦三はくどいしやっぱり嫌な奴だとしか思えない。図星といえば正直、中島義道も大嫌いだ。中島義道池田晶子に本の推薦文かなんかを頼んで断られたことを知ったとき「ざまみろ」などと思った。とは言え私も池田晶子信者でもないわけだが。

加藤諦三はまあ、図星なんだと思う。間違ったことは言ってない。だからツラい苦しい見苦しい。だったら信者になれば、と。誰かは自分の心を分かってくれるなどと思いたくない。代弁してくれてるなどとは思えない。人生どんだけ苦しくてもみんながみんな哲学的問いに行き着くわけでもないだけかもしれない。

 

尾崎豊が若者の代弁者だろうか。30年程前私思ったけど尾崎vsブルーハーツ。私はブルーハーツ派だったがブルーハーツが私の心を代弁してくれているなどとは思えなかった。誰々は私の心を代弁してくれているなどと言ってしまったら私の心は私じゃなくなるのではないか。

 

...と「ドストエフスキーを読んだと嘘をついた」という曲を思い出したけどYouTubeになかった。

 

歌詞「最近読んだ本はドストエフスキーカフカさ」(と嘘をつく)... 私はドストエフスキー読んだことない。地下室でなんかやる話みたいなイメージのみ(笑)。カフカは虫。カフカは小説より前にカフカの人生の絶望に触れた本のほうが笑ってはいけないのだけど深刻すぎて笑い飛ばさないとツラすぎるみたいな「絶望名人 カフカの人生論」(カフカ 頭木弘樹 編訳)というのがムチャクチャ面白かった。単に私が小説読むと話についていけなくなるとこがあって小説が読みにくいというのがあるだけですが。小説はこれから読んでみます。

 

カフカはなぜ自殺しなかったのか?: 弱いからこそわかること

カフカはなぜ自殺しなかったのか?: 弱いからこそわかること

 

 

 頭木弘樹さんのカフカについての本はほんと面白い。かなりニヤケてしまいました。

部屋の隅で放置してて、よれよれになっていたとこを救出。

 

今日やっとお給料振り込まれた。ほっとした。

 

命がけの勉強より頭の体操をしよう(あと40年生きるつもりで何をするか考えてみた)

音楽には人生支えられてきた。それしかなかった。

これからあと40年だって勝手に聴き続けるだろうと思う。だからもうどうでもいいというか別の楽しみも考えたい。私はなぜか漫画を読むのに罪悪感があった。「ガラスの仮面」を読んだの20才を超えていたのだ! 別に超有名だからと言って追いかけるのは変だとは思うけど時代遅れ感は半端なかった。家に漫画はあまりなかった。唯一買ってもらっていた「花ブランコ揺れて」(かな?)を繰り返し読んでいた。

本も嫌いじゃないけど熱心というほどではないし... 本の大好きな子と険悪になっていたのが影響している。反発心というか。私はミステリ以外の小説が苦手だ。それも超有名なミステリ作家しか知らない。だから! これからは苦手なものに挑戦します。小説だ。とはいえミステリぐらいしか興味がないので「おすすめミステリサイト」などをさまよっています。

 

関係ないんだがFラン大学はいらないみたいなのを見かけたんだけれど、正直そうなったら、そのうち高校も底辺高校はいらない、(義務教育だけど)中学校小学校も低レベルなとこはいらないとなっていかないか? 大学の授業料のことは私はよくは分からないのだけど授業料が大変だとして優秀な人しか学校に行く必要はないってなったら、どうなるのかと。

悪いけど私の行っていた高校だって授業は聞かず寝る人も致し弁当食べたり先生に反抗したり色んな人いた。ほとんどが就職したけど大学に行った人も何人かいた。不良ヤンキー真面目くん&さん、みんないた。なにがなんでも大学というのもどうなのかとは思うけれど、それだったら何がなんでも高校にだけは!というのもそのうち無理が来るんじゃないか。高校だって大学だって内容が薄い?とかレベルが低いとか言い出したら、高度なことやる学校以外つぶすしかなくならないかな... よくわからないんだけど。教育がビジネスになってしまっているというのがそのサイトの言いたいことらしくて、そうなんだ、それは大変だなと思うことは思う。

 

話は脱線したけどあと頭の体操的なことをする。

 

頭の体操〈第1集〉パズル・クイズで脳ミソを鍛えよう (光文社知恵の森文庫)

頭の体操〈第1集〉パズル・クイズで脳ミソを鍛えよう (光文社知恵の森文庫)

 

 昔なぜか暇つぶしにこれを延々読んでいた。学校に友達がいなかったから。大爆笑だよ~ 本がじゃないよ、私がな(笑)。この感覚を復活させる。勉強って感じじゃなかったから受け入れられたのかもしれない。体操ってやりたい人だけがやればいい感じだし。鍛える鍛えないかは本人の自由。動くのがめんどくさい場合もあるけど。命がけの勉強より体操がいいみたいな。私はこの線で行くしこの緩さが好き。

 

ああ~ あとは楽器がほしいかな。部屋が狭いけどキーボードを目標に。

 

40年あれば色々楽しむこともできる(かもしれない)。

 


わたしのうた / 片桐麻美


片桐麻美 ライブ 最後のランナー